車のイメージが査定を左右する?

マツダの車は、ディーラーによる値引き率が高いことで知られています。他のディーラーよりも高くなっているため、中古車が高いと新車を選ぶ方が多くなりますね。
マツダ車を査定してもらうと、買い取り額が低いと感じる方が多いようです。中古車を販売して利益を得ている業者は、価格設定を安くしないと売れないため損をしてしまいます。販売価格を下げるためには、買い取り額を抑えて利益を得るしか方法がありません。
市場に出回っている中古車が安ければ、当然買い取り額も安くなるのです。
以前はマツダ地獄という言葉があり、他社の車に乗り換えたくてもマツダの車から脱出できない現象が見られました。これは、マツダのディーラーが高い値引き率を設定しているためで、乗っていた車の下取り額も低くなります。下取りが安くなると新車の購入額にも影響がでますね。
さらに、マツダの車が低い買い取り額を提示されやすいのは、マツダのイメージにもあります。現在はそのようなことはありませんが、昔はマツダ車の品質が悪いというイメージを持たれていました。そのイメージを完全に拭いされていないことが査定に影響しているようです。
ただ、デミオの中でも高グレードや、あまり走っていない車なら高い買い取り額を提示されることもあります。少しでも高く査定してもらうためのコツを掴み、損を防ぎましょう。